News
    黄色の錠剤と瓶

    勃起不全は、最近はEDと呼ばれることが多いです。
    勃起不全の原因は様々ですが、最近は、ストレスなどによる心因性の勃起不全の患者が増えています。
    男性の体は、性的な刺激によって脳から信号が送られると、陰茎海綿体の動脈が拡張して血液が流れ込み、膨張して硬くなります。
    この状態が勃起した状態です。
    ところが、何らかの原因によって動脈の拡張が足りないと、勃起障害の原因となります。
    糖尿病の患者には、性欲の低下や勃起不全の悩みを抱えている人が多いです。
    これは、糖尿病になると、神経や血管に障害が出るため、血管の拡張が起こらないケースがあるからです。
    また、神経や血管に障害はないのに、心理的な要因で勃起不全になる人も多いです。
    心理的な要因には、夫婦間のトラブル、仕事でのストレス、幼児期の精神的外傷などがあります。
    ストレスは、性欲を減退させる大きな原因となります。
    うつ病の患者は、50%の確率で勃起不全を合併するとも言われています。
    服用している薬が原因となって、勃起不全が起きる場合もあるので、注意が必要です。
    精神的疾患の治療に使われる薬は、脳内の神経細胞に影響を与えるため、勃起にも影響が出るケースがあります。
    アルコールは、中枢神経系を抑制するので、適量ならばリラックス効果があります。
    しかし、飲み過ぎると男性機能を低下させることもあります。
    ですから、精力が減退したと感じる人は、飲酒は控えめにした方がいいです。
    大部分の勃起不全は、治療が可能です。
    勃起不全の改善には、生活習慣を見直し、医師の指導の下で適切な治療を行うことが大事です。
    最近は、偽造されたED治療薬がインターネット上で販売されていることもあるので、注意が必要です。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    人気記事一覧
      最近の投稿
        アーカイブ